シロアリ対策における塗装~塗料選びの重要性~

ウッドデッキに住み着いたシロアリを排除!効果的な対策法 ウッドデッキに住み着いたシロアリを排除!効果的な対策法

ウッドデッキの塗料を選ぶポイント

女性

ウッドデッキにおけるシロアリ対策には、木材塗料の塗布がとても効果的だとされています。ただ木材塗料に使われる塗料の種類は何種類もあるので、最適なものを選ぶ必要があります。

塗料を塗らないとウッドデッキはどうなる?

木製品は、雨風や太陽の日差しなどの影響を長年受けることで、どんどん塗料が剥がれていってしまいます。それによってどうなるかと言うと、塗装が剥げてしまった場所は腐っていき、シロアリに狙われてしまうのです。特に、ウッドデッキの床面は雨風の影響をダイレクトに受けるため、塗装が落ちやすい傾向にあり、腐っていくスピードがとても早いです。木材塗料の塗布をする必要があるのはそのためです。

駆除業者に聞いたシロアリ対策に効果的な塗料の種類

シロアリ対策をするならどの塗料がおすすめですか?
シロアリ対策であれば、浸透タイプがオススメです。浸透タイプの塗料をウッドデッキに塗布すれば、木材に浸透した後、内部から防虫・防カビ・防腐などの効果が働きます。塗料は内部にしっかり染みこむので、外目に見える木目が隠れることなく見た目に何かしらの影響が出ることもありません。ただ、1~3年に1回定期的なメンテナンスを施す必要があります。
塗料を塗るときのタイミングはいつですか?
ウッドデッキのような自然からの影響を受けやすい場所においては、1~3年に1回のペースでやることをオススメします。特に床面や手すりのような、摩耗が頻繁に発生する場所に関してはこまめに状態を見ておいたほうが良いでしょう。その際は、水はけの悪さや塗装の剥がれなどを中心にチェックしておくといいです。
塗料の塗り方のコツなどはありますか?
塗料缶をよく振り、中の塗料の色の濃淡を均一化させましょう。塗装を行なう際は、まず塗りにくい箇所からやっていきます。その次に、目に付きやすい場所を塗布していくのです。塗布するときは、ムラが出ないよう木目に沿ってやっていきましょう。

TOPボタン