ウッドデッキの木材選びはとても大事!シロアリ対策における重要点

ウッドデッキに住み着いたシロアリを排除!効果的な対策法 ウッドデッキに住み着いたシロアリを排除!効果的な対策法

ウッドデッキのシロアリ対策は素材選びから

庭

ウッドデッキの素材によっては、シロアリ被害を回避することができます。シロアリ被害に遭いにくい素材とは、果たしてどのようなものなのでしょうか。

ウッドデッキを選ぶときのポイント

ウッドデッキにはたくさんの種類がありますが、それと同様に使われている素材は何種類もあります。選ぶポイントとしては、「加工性」「耐久性」「価格」の3つを考えるようにしましょう。ウッドデッキに使われるデッキ材の種類は「ハードウッド系」と「ソフトウッド系」の2種に分かれますが、この3つのポイントで考えるとハードウッド系が優れていると言えるでしょう。耐久性が高く、塗装しなくても良い状態を長くキープできるという特徴を持っています。

シロアリ対策に効果的なウッドデッキの種類

ウリン
ウリンの特徴は、その耐久性と丈夫さです。反りや割れなどに強く、薬剤処理無しの状態でも100年持つと言われています。また塗装作業が不要なので、毎年の塗料代やメンテナンス費用も浮かせられます。さらに防腐作用のあるポリフェノールが大量に含まれているので、シロアリ被害を予防するのにも適しています。
サイプレス
サイプレスは「世界一シロアリに強い木材」と言われています。強度が高く、また薬剤処理無しでも使用できるので、安全面が高い木材として近年ウッドデッキの材料として頻繁に使用されています。木材保護塗料を塗布すれば、さらに強度を高めることができます。
イタウバ
イタウバは、弾力性があり、また高い強度を持つ木材として知られています。シロアリ被害にも耐えられる耐久性を持っており、その耐久期間は25~30年とかなり長めです。イタウバには特有の油成分があり、これが水分の浸透や腐食を防ぐ働きをしてくれます。そのため、シロアリ被害を予防するのにも最適なのです。
TOPボタン